ダンスが上手になりたいと思っている人は多いものですが、なかなか美しく踊る事は非常に難しいものです。

上手な人を見ると、自分とは大して違いはないのにどうしてこんなにきれいに踊れるんだろうと思ってしまうことも少なくありません。その違いは、一つ一つの動作のキレが大きく異なることが多いのが特徴です。

きれいにダンスができる人を見ていると、一つ一つの動きにメリハリがあることがわかります。そのメリハリを生み出すのは動きの緩急がしっかりとついていることで、ゆっくりと動くところは本当にゆっくりと体が動き、しかもその際にふらつくと言うことがありません。

同時に早く動くところは非常にシャープに体を動かしているので、そのメリハリが美しく見えることになります。

ダンスを上手に踊るためには、これを意識することが重要です。そのためには、基本的な体力をつけてこれらの動きをしっかりと行うことができるようにトレーニングを重ねることが必要となります。


運動神経が悪くてもダンスが上手くなる方法

運動が苦手な方でも上手にダンスがしたいという方は、ポイントをしっかりつかむことで上手く踊ることができます。運動神経に関係なくダンスが上達することが可能なので、今まで諦めていた方でもチャレンジすると良いです。

ダンスを上達するポイントは、リラックスをすることです。緊張状態の体では、体をコントロールすることが難しくなるので、上手く踊れなくなってしまいます。

リラックス状態を保つには、自信をつけることが重要で、コンプレックスだった運動神経の悪さを自分自身で受け止めることで、自然とリラックスできる状態になります。

準備運動も大切で、ちょっとしたストレッチなどもダンスの前にすると体が動きやすくなるのでおすすめです。反復練習も重要で、何度も何度も同じ振付を練習することで、体が覚えていき、ぎこちない踊り方にならずに自然なダンスができるようになります。家で練習するのも良いですが、新宿や川崎にはダンスのスタジオがありますので、周りを気にせず音を流しつつ練習したいという方にはスタジオでの練習もおすすめです。

イメージトレーニングは運動神経を鍛えることができるので、いざ実践になったときにスムーズに踊ることが可能になります。