ダンスには集中力が必要とよく言われますが、次々といろいろな動きをしなければいけない中でその集中力をどのように維持するかわからないと言う人も少なくありません。そのようなときには、上手な人の踊り方を頭の中でイメージし、これを擦るように体を動かしてみるのが非常に良い方法です。

細かな一つ一つの動きを確実に覚えることも重要ですが、全体の流れをスムーズに行うことができないと見ていて美しいと感じることは少ないものです。そのためまず全体の流れをしっかりと習得するために神経を使うことが大切になります。

その流れを全て習得した後で、一つ一つの動きのメリハリをしっかりとつけるようにしていくことが非常に良い方法です。

はじめての人は最初から上手に踊ろうと言う意識が強いあまり、動きが硬くなってしまうことが多いものです。ダンスに必要なものは、全体の流れを美しく見せることであり、その中でより美しく見せるための要素が一つ一つの動きの重要さであることを意識することが大切です。